今話題の空の巣症候群とは?予防法や対策について。

  

~空の巣症候群って一体どういう病気?~

空の巣症候群とは?

こんな人は要注意!

主な症状

このような心当たりがありませんか?

空の巣症候群を予防する方法はありますか?

(広告 ここから)





オンラインショッピングサイト「Javari」でラクラクネット通販♪
* 常に新しい商品を厳選! 商品の詳細情報が詳しく明確だから使いやすく、楽しい!

・全国翌日お届け可・すべての商品が、送料無料。
・何足でも試し履き自由! 365日間返送料・返品手数料無料
カテゴリーやカラー、サイズ、ブランドなど欲しい条件を絞り込めるから便利♪
 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修正型電気痙攣療法
修正型電気けいれん療法をご存知ですか?
うつ病で前頭前野にアプローチする治療法。


うつ病は、前頭葉(前野)の脳の血流がわるくなっているので、
電気刺激により 血流を促進させ、
症状の改善をはかります。




抗うつ薬が全く効かない体質の方や、
副作用が強く出て、お薬での治療が逆効果の場合や

今すぐに うつ病の症状を改善すべき重篤な症状の場合、
難治性のうつ 等、

治療の間隔や、方法、回数等は患者によって異なりますが、

集中的に治療する場合は、
3日に一回 施術し、それを10回ほど繰り返し
患者の術後の経過をみながら 治療をすすめるケースもあるそう。



手術室で全身麻酔をかけ、
筋肉弛緩剤を投与します。


そして、コメカミの部分 両側に、
決められた時間(数分間程度)、微量の電流を流します。

このとき、患者の筋肉がひきつけのような反応をすることがありますが、
心配要りません。


手術室に入っている間は、心拍数や血圧等、
常に身体の状態もチェック・管理されます。


ある患者さんの場合は、

重いうつ病で、寝たきりになり、
体を起こすことさえできなかった方が、

3回目の術後に、目の前の霧がまるで晴れたよう、
心が明るくなったと笑顔を見せるまでになり、
家族は その回復ぶりに 大変喜んだそうです。




副作用はほとんどありませんが、
まれに、術後 記憶障害などが一時的に起こることもあるそうです。
(時間経過により回復するとのこと)



・・・・・・・・・・・・・・・
気分障害・・うつ病

慶應義塾大学病院の「気分障害」より ここから

うつ病
【症状・診断】

抑うつ(よくうつ)気分や興味または喜びの消失に加えて、様々な症状を呈します。例えば、食欲の減退や増進、不眠や睡眠過多、精神運動の制止や強い焦燥、疲れやすさ、集中力の低下、自殺への思い、などです。例外はありますが、これらの症状が2週間以上続いたときにはうつ病とされます。この抑うつ状態の期間を、専門用語では大うつ病(だいうつびょう)エピソードと呼びます。
頭痛、口渇、便秘・下痢、呼吸困難感、心悸亢進などの身体症状を伴うことも多く、うつ病患者さんの実に6割以上がまず内科を受診するとのデータもあります。ただしこれは、まず身体的に問題がないことを確認してから、精神神経科の診断と治療が開始されるという観点からは望ましいことです。
また、慢性疾患にはうつ病が合併しやすいことが知られています。がんの約20~38%、糖尿病の約25%、冠動脈疾患の約16~19%にはうつ病が発症します。
几帳面・完璧主義・真正直、がんばり屋で自分の中に閉じこもる方が、うつ病になりやすいと言われます。
症状が重くなると、妄想を持つことがあります。その内容は自分が病気であるというもの(心気妄想、しんきもうそう)、お金がないというもの(貧困妄想、ひんこんもうそう)、何か罪を犯してしまったというもの(罪業妄想、ざいごうもうそう)、の3つが代表的です。
近年うつ病の概念が広がり過ぎたことも指摘されています。双極性障害(後述します)やパーソナリティ障害など他疾患との鑑別も大切です。

【治療】

処方される薬は、ベンゾジアゼピン系薬剤を中心とする抗不安薬と、抗うつ薬の2つに大きく分かれます。抗不安薬は服用して数十分で効き目が出ることが多いですが、大量を長期間続けることの問題も指摘されています。一方で抗うつ薬は、服用してから効果があるまでに数週間から数か月かかりますが、うつ病への薬物療法の中心となることが多い薬です。
抗うつ薬には、三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、SSRI(エスエスアールアイ、選択的セロトニン再取り込み阻害薬)、SNRI(エスエヌアールアイ、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)などの種類があります。十分な量を十分な期間服用することが大切です。
薬物療法以外には、認知行動療法、心理療法などがあります。

また、一般的な注意として、十分な休息をとること、重大な決断は先に延ばすこと、周囲ははげまさないようにして見守ること、などが挙げられます。

修正型電気けいれん療法は、全身麻酔下で頭皮から電流を流し、けいれんを起こします。

数種類の薬物療法が無効で、症状が重い場合に適応となることがあります。
有効性が確かめられており、副作用も少ない治療法です。

うつ病は再び症状が出現することの多い病気です。

回復後1年に約20%の患者さんに再び症状が出現します。
さらに、何度も繰り返すことよって、その割合は約40~50%に上がります。

薬物療法の継続が大切で、もし中止すると半年後に再び症状が出現する危険性は2倍になります。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ニュース記事  引用 ここから



重度のうつ病に有効な修正型電気痙攣療法 88%に改善効果も

NEWS ポストセブン 2012年11月2日(金)16時6分配信

 医療の分野では、どんな病気であれ患者がいる限りは、より効果の高い治療法の開発が求められるのが常である。それは「うつ病」や「不眠症」でも例外ではない。重度のうつ病に対して有効性が高いのが、修正型電気けいれん療法である。昭和大学横浜市北部病院メンタルケアセンターの吉益晴夫准教授は、こう解説する。

「この治療法は患者さんに苦痛はありません。電気を感じることもなく、副作用も少ない。重度のうつ病治療では一番良い方法のひとつだと思います」

 昭和大学横浜市北部病院で、2011年に施術を受けた患者のうち半数がうつ病の患者。他には双極性障害、統合失調症などの患者も対象になる。

「当院では手術室ではなく処置室で治療を行ないます。担当の精神科医のほか麻酔科医1~2名、看護師は2~3名の体制で行ないます」

 患者は、仰向けの状態で点滴を受けながらストレッチャーで処置室へ運ばれてくる。両方のこめかみに電極が貼られるほか、頭や胸、脚部にも心電図、筋電図、脳波を測定する電極がセットされ、全身麻酔で眠ったのち、筋弛緩薬を投与される。筋弛緩薬を投与するのは、電気刺激によるけいれんで骨折や脱臼がおこることを防ぐためである。

「通電は5秒。けいれんしなかったり、規定の秒数に満たない場合、少し時間をあけて再度試みますが、通算で3回以上の通電は行ないません」

 治療は15分程度。週に2~3回のペースで施術し、トータル6~12回続ける。

「当院では患者さんの88%で改善がみられました。5~6回目くらいから、スッキリしたという患者さんが目立ち始め、動けなかった人が歩いたり、拒絶的な面が減少する、食欲が出てくるといった顕著な例もあります。治療費は1回3万円ですが、健康保険がききますから、患者さんの負担は3割あるいは1割になります」

※週刊ポスト2012年11月9日号


スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 空の巣症候群を知る. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。