今話題の空の巣症候群とは?予防法や対策について。

  

~空の巣症候群って一体どういう病気?~

空の巣症候群とは?

こんな人は要注意!

主な症状

このような心当たりがありませんか?

空の巣症候群を予防する方法はありますか?

(広告 ここから)





オンラインショッピングサイト「Javari」でラクラクネット通販♪
* 常に新しい商品を厳選! 商品の詳細情報が詳しく明確だから使いやすく、楽しい!

・全国翌日お届け可・すべての商品が、送料無料。
・何足でも試し履き自由! 365日間返送料・返品手数料無料
カテゴリーやカラー、サイズ、ブランドなど欲しい条件を絞り込めるから便利♪
 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビで紹介!足腰の筋肉を若々しく保つ方法

身体が老けない秘密&カンタン若返りスペシャル がビートたけしの出演するテレビたけしの家庭の医学)で公開されていたので、要点をまとめておきたい。


太らず病気もしない、驚きの元祖イケメン俳優 78歳(2012年10月現在)宝田明さん

1. 階段の昇り降り
三階の自宅から一階の事務所まで毎日33段の階段を、一日で4~5回往復し、
一週間に一度は集いに参加、その移動はバスや電車で移動し、乗り継ぎ間の移動はもちろん徒歩。

若い足腰を保つ秘訣 その2
普段から人目を意識して背筋をピーンと伸ばした姿勢の良さ

声をかけられれば、知人でなくとも一緒にはなしをしながら歩くことも多いという。

秘訣その3
栄養バランスを考えた食事(奥様が管理)
野菜とたんぱく質をたっぷり摂り、台所に立って自ら味付けすることもあるという。
中年期はカロリーのセーブが必要だが、高齢になると食事量が減り、筋肉が減るので、週に三回は肉や魚などたんぱく質をとると良い。
秘訣4
バランス能力の高さ
高齢になると足腰の筋肉が弱くなり、大股でよろよろとフラつきながらゆっくり歩きがちだが、狭い歩幅で背筋を伸ばし早歩きが出来るためには、足腰を支える筋肉の若々しさはもちろん、バランス能力の高さもうかがえる
(医師の意見 )

家庭で簡単に出来る足腰の筋肉を保つ方法

☆カンタンスロー踏み出し

足を踏みだすどうさをゆっくり行う。

両手を腰に立ち背筋をピンと伸ばした姿勢で、
右足を3秒位かけてゆっくりと踏み出し、
膝に体重をかけるように曲げていく。

その後また三秒でもとの姿勢にゆっくりと戻し、

同じ動きを 左足も行う。

これを一セットとし、1日3セット程度するだけで とても効果があるのだそうです!

☆注意☆

膝が弱い方、痛い方は無理をしない。
できるようであれば、小さい歩幅から始めたり、
片手を机について行う等する、決して無理をしないよう気をつけて。


スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 空の巣症候群を知る. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。