今話題の空の巣症候群とは?予防法や対策について。

  

~空の巣症候群って一体どういう病気?~

空の巣症候群とは?

こんな人は要注意!

主な症状

このような心当たりがありませんか?

空の巣症候群を予防する方法はありますか?

(広告 ここから)





オンラインショッピングサイト「Javari」でラクラクネット通販♪
* 常に新しい商品を厳選! 商品の詳細情報が詳しく明確だから使いやすく、楽しい!

・全国翌日お届け可・すべての商品が、送料無料。
・何足でも試し履き自由! 365日間返送料・返品手数料無料
カテゴリーやカラー、サイズ、ブランドなど欲しい条件を絞り込めるから便利♪
 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間治療について
横浜市立大学付属病院で行われているという、時間治療について。


人の身体には、時計遺伝子とよばれるものがあり、
親時計は脳内に、
その指令を受けて働きかける子時計は、身体の細胞の全体に存在する。


時間治療で効果が期待できる病気は、現在

骨粗鬆症・がん・脂質異常症(高脂血症)・関節リウマチだそうだ。

患者の病気・症状に合わせ、
身体に負担をかけずに(たとえば がん患者の抗がん剤の副作用など)
薬の働きかけはアップさせるために、

時計遺伝子に合わせて、薬の飲む時間帯・投薬を工夫し、
実際に症状が改善するというのである。


まだまだ研究段階のため、日本国内では、時間治療を行なっている病院は
かなり限られている。


時計遺伝子とガンの関係も興味深い内容である。

生活習慣・睡眠時間のリズムが不安定になり、
時計遺伝子が、適切なリズムを刻まなくなってくると、
癌のリスクが高くなる可能性があるというのだ。

マウスの実験によると、
お昼は明るく、夜は暗くなる部屋と
24時間照明を付けっぱなしにしている部屋に それぞれ
がん細胞を移植した結果を比べたら、
なんと、24時間照明を付けっぱなしにし活動をしつづけたマウスのがん細胞が、
二倍以上に増大していたそうだ。


この結果を、人の生活にあてて考えた場合、
睡眠時間が、体内時計の中の親時計がずれると(親時計は脳内にある)
本来、内蔵などが「やすむ」時間に、無理やり体内が働くこととなってしまい
様々な疾患があらわれるのではないかと、研究の結果言われるようになった。


特に気をつけておきたい 勤務状況においては、
昼夜の交代勤務における 不規則な生活を持続させることなのだそうだ。
例えば、一週間ごとに 昼夜の勤務が交代するなど、
日勤と深夜が頻繁に入れ替わると、体内時計の調節が追いつかないという実験結果が出た。

脳の中の親時計は、身体の中のあちこちの時計遺伝子を司令している。
そこで、男性のヒゲを 定期的な時間に抜いて、その中の体内時計の状況を観察したのだ。
すると、わずか 二時間しか調節できていなかったのである。



海外の「時差ボケ」については どうだろう?
もし、短期間な場合さほど心配する必要は無いようだ。
なぜなら、環境がガラリとかわり、外的な影響・刺激を受けると、身体もそれに適応しようとする。



研究が進むにつれ、
泊まりで勤務する労働条件を伴う会社の中には、
対策をとる動きが出てきているところもあるそうだ。

休憩室に寝床を備え、仮眠できるようにするだけで、
高血圧や生理不順など、症状が軽くなったというデータもある。


他に、意識して取り入れておきたい健康リスク予防術として、

朝、起きる際に 日光を浴びたり、

日中に 軽い運動を取り入れてみたり、

食事の時間に気をつけたり(なるべく深夜のドカ食いはしないで、
夕方に、早めに軽食を取る工夫をする)

人とのコミュニケーションが少ないお仕事・環境で生活する場合、
意識して、コミュニケーションを増やす など。

毎日の健康に少しでもお役に立てれば幸いです。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 空の巣症候群を知る. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。