今話題の空の巣症候群とは?予防法や対策について。

  

~空の巣症候群って一体どういう病気?~

空の巣症候群とは?

こんな人は要注意!

主な症状

このような心当たりがありませんか?

空の巣症候群を予防する方法はありますか?

(広告 ここから)





オンラインショッピングサイト「Javari」でラクラクネット通販♪
* 常に新しい商品を厳選! 商品の詳細情報が詳しく明確だから使いやすく、楽しい!

・全国翌日お届け可・すべての商品が、送料無料。
・何足でも試し履き自由! 365日間返送料・返品手数料無料
カテゴリーやカラー、サイズ、ブランドなど欲しい条件を絞り込めるから便利♪
 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は体調がすぐれず。
先日までは体調が戻りつつあったのに、

昨日からまた、頭・身体が重だるい感じ・・・・・。



今日は無理せず、娘の面倒を見ながら

ぼちぼちと過ごしました。



私の眼鏡のレンズが片方外れてしまい、

それに気づかずに、
「視力がますます悪くなったわ・・・おかしいな」と不思議に思っていました。

ふと目をこする仕草をした時に、
右目のレンズが無かったことにびっくり!。


娘は大爆笑。


溝に合わせてワイヤー(テグス?)を張り、
見事に直すことができました。








スポンサーサイト

NHKテレビ プロフェッショナル 仕事の流儀「心臓外科医・天野篤」
心臓外科医の、あまの先生の番組が良かった!
思わず涙が・・

プロフェッショナル 仕事の流儀「アンコール 心臓外科医・天野篤」


詳細

天皇陛下の執刀医に任じられ、
一躍注目を浴びた順天堂大学教授の心臓外科医・天野篤(56歳)。


心臓を動かしたまま行う「オフポンプ手術」の第一人者で、
手術成功率は98%と群を抜く。

月曜~金曜まで病院に泊まり込み、
年間手術数は400以上と驚異的な数を誇る名医。

番組は、天野が挑んだ難手術に密着。

突然の心停止、崖っぷちの状況で天野が下した決断とは。

一途一心に患者を救おうと挑む医師の流儀に迫る回を、
大反響に応えてアンコール放送。





医者になろうときめたきっかけは父親だったそう。

先生が幼い頃から、
父親が 心臓わずらっていたそう。

懸命に勉学に励むものの、
なかなかスムーズにいかず、
コツコツと努力を重ねていた。

(文献・・公式サイトから一部)

若き頃、第一助手として立った父親の心臓手術。

心臓に縫い付けた人工弁の糸が1本緩み、それがきっかけとなって、
父親はかえらぬ人となった。


天野は目の前で、
父の甲子男さんを亡くしているのだ。


天野は、「父は、心臓手術でこうしてはいけないということを
自分の命とひきかえに教えてくれた」
という。


そこから天野の、一つ一つの手技に対する厳しさが生まれた。




勤務時間の合間をぬっては、縫合などの練習、勉強に
いっそう懸命に取り組むようになり、

有名な心臓外科医の手術を研究しては、手術後質問攻めにするなど、
技術と知識をいっそうたかめ、
経験を着々と積んでいった。





「自分は誰よりも、“1糸の重み”を知っている」。



多くの部下を率いる立場になった今でも、
体裁にこだわらず、時には縫い直しをしてまで、
丁寧な手技を突き詰める。

「ただ父親に褒められたいだけ」という天野の机の中には、
今も父の形見の人工弁が入っている。


「自分のね、天命、決められたものあるでしょ。

それに対しては忠実にやっているだけですよ、

ま、宿命かな。」





心の中で懸命に応援しつつ、
手を握りしめて観ていました・・・・。


心臓病―名医の言葉で病気を治す (あなたの医学書)心臓病―名医の言葉で病気を治す (あなたの医学書)
(2008/04)
天野 篤

商品詳細を見る


心臓手術の周術期管理心臓手術の周術期管理
(2008/02/18)
天野 篤

商品詳細を見る


NHKここが聞きたい! 名医にQ 心筋梗塞・狭心症のベストアンサー: 病気丸わかりQ&Aシリーズ(6) (生活シリーズ)NHKここが聞きたい! 名医にQ 心筋梗塞・狭心症のベストアンサー: 病気丸わかりQ&Aシリーズ(6) (生活シリーズ)
(2012/07/31)
尾崎 行男、 他

商品詳細を見る





しばらく更新休んでいました☆
しばらく用事がある日が続いていて、外出することが増えていました。

家族が次々と風邪を引いています、

もしかしたら、

家族の中では
私が一番乗りだったのかも…しれません。


朝晩冷え込みが厳しくなってきましたね、


皆様もお気をつけ下さい。



生きるっていうこと
昨日は親戚のお葬式があった。


我が子は参列しなかったものの、

親が喪服に着替えたりして支度する姿を見て、
いつもと違う空気を察したらしい。



「お母さん僕も年とったら死ぬの?

死ぬのは怖い、死にたくないよ」

と言った。



「そうだね、人はいつどうなるかわからない、だからこそ今を大切に生きようね。」


と 返した。


私も幼い頃から、自分の死や大切な家族の死が怖かったし、

今でも怖い。

しかし
いつか、向かいあわなければいけない
その日はやってくる。

人間後悔はつきものだけど
今こそ、愛すべき家族や周囲でお世話になる方々…
「人」を大切にしたいと思う。



眠い…
眠い…です<_<)o>>

今日は おしまい。
Copyright © 空の巣症候群を知る. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。