今話題の空の巣症候群とは?予防法や対策について。

  

~空の巣症候群って一体どういう病気?~

空の巣症候群とは?

こんな人は要注意!

主な症状

このような心当たりがありませんか?

空の巣症候群を予防する方法はありますか?

(広告 ここから)





オンラインショッピングサイト「Javari」でラクラクネット通販♪
* 常に新しい商品を厳選! 商品の詳細情報が詳しく明確だから使いやすく、楽しい!

・全国翌日お届け可・すべての商品が、送料無料。
・何足でも試し履き自由! 365日間返送料・返品手数料無料
カテゴリーやカラー、サイズ、ブランドなど欲しい条件を絞り込めるから便利♪
 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産後うつについて
産後40日前後の私は 体調は順調に回復中、

夜中の授乳回数はまだまださほど変わらず、寝ているのに、熟睡出来ていないような感じとともに、疲れを感じる。


わが家の場合は、主婦で子育て・家事オンリー、さらに 家族が手伝ってくれるので有り難い。

しかし、仕事も 家事も育児も…夜は眠れず疲れとストレスが蓄積されていく状況におかれれば、普段健康と感じている母親でさえ、産後うつになりかねないのでは、と 思う。
家族や周囲の協力、子育ての悩み相談・サポートサービスの積極的利用など、
母親が追い詰められない環境づくり、こころがけが必要だと感じる。

スポンサーサイト

児童憲章
児童憲章とは

★児童は、人として尊ばれる


★児童は、社会の一員として重んぜられる。
★児童は、よい環境のなかで育てられる。

これは
日本国憲法の精神に従い、児童に対する正しい観念の確立、全ての児童の幸福をはかるために、定められている憲章です。

これには、児童の
生活の保障・家庭での環境(恵まれない児童には、これにかわる環境が与えられる)・教育・疾病と災害からの保護・道徳的心情が培われること・就学のみちの確保・職業指導・労働についての保護・虐待や酷使放任など不当な取り扱いからの保護・過ちを冒した児童への保護指導・身体または精神機能が不自由な場合の適切な治療と教育と保護…

などなど、全ての児童の幸せのために
この憲章がさだめられているのです。

にもかかわらず、

なかなか減らない児童虐待や家族内での殺人事件…★

厳しい現実です。

全てが都合よく
憲章通りに行かないことがあるとしても、

全ての児童が、定められているこれらの憲章に当てはまる環境を与えられるように、

社会も家庭内でも、
もっと大人一人一人が意識しなくてはなりませんね。


マタニティブルーと産後うつ病
マタニティブルーと産後うつ病

出産直後から数日後ごろまでの一時期、お母さんの気分が変わりやすく、イライラ、突然の不安感、涙もろさ、心身の不調を感じることも。「マタニティブルー(ズ)」で 約25から30パーセントの人が経験するとも報告されています。これはホルモンなど産後の身体の変化の他、育児疲れなども関係しているよう。
しかし、ほとんど一日中気分が沈む・赤ちゃんに何の感情もわかない・母親の資格がないと感じる・疲れがとれない・無気力・食欲低下または増加・不眠または過眠などが続くようなら「産後うつ病」の可能性があります。お母さんはもちろん、お父さんや周囲も 赤ちゃんのことで頭がいっぱいで、こうした体調の変化を見過ごしがち。この場合は専門家の援助が必要です。「産後うつ病」かもとお母さんまたは周囲の人が思ったときは 迷わず医師や助産師、保健師に相談しましょう。

出産・子育てから芽生える意識
出産を機に、
意識が変わることがありました。


それは、

命の重みと、

自分自身を産み、
育ててくれた存在への感謝の気持ちです。


私の場合は、

特に 思春期に入ると、
親からの自立心からか、
距離をおきたくなったり、
反発心が芽生えたり
親を悲しませるような言葉を吐いたり…


今思い出しても
まるで
「自分は今まで、誰からも助けられず、自分一人で大きくなり生きてきた」

かのような振る舞いさえ していたように思います。


しかし、

妊娠・出産と
徐々に大きくなるお腹をかかえ、

お腹を痛めて産み、


忙しいなか、
寝不足の毎日と戦いながら、
赤ちゃんのお世話をし…


自分が、その立場にたって、大変さを知った時、

はじめて、
育ててきた苦労を実感するのです。

それまでの
感謝の心より、

さらに深い感謝を感じます。



また、命の重みを知ったとき、

食事も全て 命の恵みをいただいているのだということを感じます。


命をつなぐためには、「食物」
つまり命をいただいて 生きていかなければなりません。



今日、
昼食の 子持ちシシャモをいただきながら、
自分の妊婦期を思い出し、

食べ物に、
感謝せずにはいられないと感じました。



育児うつ・育児ノイローゼ・子育てと鬱病について。
Copyright © 空の巣症候群を知る. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。