今話題の空の巣症候群とは?予防法や対策について。

  

~空の巣症候群って一体どういう病気?~

空の巣症候群とは?

こんな人は要注意!

主な症状

このような心当たりがありませんか?

空の巣症候群を予防する方法はありますか?

(広告 ここから)





オンラインショッピングサイト「Javari」でラクラクネット通販♪
* 常に新しい商品を厳選! 商品の詳細情報が詳しく明確だから使いやすく、楽しい!

・全国翌日お届け可・すべての商品が、送料無料。
・何足でも試し履き自由! 365日間返送料・返品手数料無料
カテゴリーやカラー、サイズ、ブランドなど欲しい条件を絞り込めるから便利♪
 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感情の我慢ができなくなったら・・・・
NHKの教育テレビ「コミ☆トレ」で、
人との関わり、コミュニケーションのコツをわかりやすく
楽しみながら知ることのできる番組がある。

その中で、

例えば他人と比べ 待遇が周囲に比べて、自分だけ あまりにも差がありすぎる時、

実際「ムッ」とすることが、次々と起こると、
たとえ理性で我慢しようと思っても、
それが限界に近づいて感情が爆発しそうになる場合
どう対処していけば良いのか というようなテーマだった。


少々のことでは、なんとか冷静を保とうとしても、
我慢を続けるということは、かなりのストレスになるし、
こうなると 自分自身との戦いである。


常に、感情を爆発させて 大声で怒鳴ったり、暴れたり、
物を投げたり、思うがまま振る舞うことが許されるなんてことは無い。


他人へのマナーや周囲への心遣いを意識し、
臨機応変に気分をリセットするにはどうすれば良いだろうか?


こんなときは、落ち着いて、

「ゆっくりと、深呼吸。」

そして、捉え方を前向きに変えてみよう。





これは、子ども向けの番組だったけれど、

こどもに限らず、大人でも共通するなぁ と感じた。


毎日、悲しい事件が繰り返されている。

「感情のコントロール」や「他人とのコミュニケーション」がうまくいかないことで、
悲惨な事件、事故などの結果を招いてしまうケースもあるのでは と思う。


経過した時間は戻せないのだ。


心の在り方、コントロールのコツ、人との関わり方によって、
もっともっと、
今より 人生を楽しく生きられる人が 大勢いるのではないかと思う。


皆 命は限られている。

だからこそ、心の健康を損なうことで、
自分自身でさらなる病を引き寄せるようなことは避けよう。

死に急ぐなんて、もったいない!


今をたいせつに、いっしょうけんめいに 感謝して生きたいものである。



スポンサーサイト

何気ない言葉のストレスが病気を引き起こす
「あんたは、それだけが取り柄だね」
「お前なんか…」
「なんだお前か」
「あなたの子どもさんは成績が優秀ね、遺伝子が違うのよ、きっと育ちが違うのよね」
「あの人に比べてあなたは…」
「何をさせてもダメ(無駄)だね」
など、
一見誰もが使うような会話のフレーズの中の一言や、
何気ない言葉、
褒め言葉さえ、
相手の捉え方やシチュエーションなどによっては、
知らず知らずのうちに、人を傷付けストレスを与えていることがあるのです。

あるTVで精神科医がおっしゃっていた。

暴言だけが人を傷付かせる言葉ではなく、
言葉で傷付きうつ病など
ことを知っておこう。

ストレスは、胃潰瘍や胃腸炎、下痢や便秘、動悸などを引き起こす。

現代社会では、
コミュニケーションのツールは多様になった反面、生活環境は家族信頼性や関わりは薄くなりがちになっている。
よって、言葉で傷付きやすく、疑心暗鬼になりがちになる人も少なくない。

では、そのような
事態を出来るだけ起こさないためにはどうすればいいのだろうか?

つづきを表示

全てを我慢し、ためこんでいないかどうか、振り返ってみる
心と体は、密接な関係にあります。

自分の中のストレスや、「マイナス」となる気持ち・・

つまり、

イライラや恨み、辛みや妬みや不満などが
たとえ小さなことでも、
積み重なっていないかどうか ということを
振り返ってみてください。

身体の調子が悪い、などという方は、
このような「心」から、
病気が起こっている可能性もあります。


心と体は繋がっています。

心の状態が良くないと、
身体にも不調がでてくる ということがあります。


「病は気から」とは よく言ったもので、
ココロに ある「大きなダメージ」を与えることとなったキッカケや、
日頃のストレスなど 
精神的なことが原因で 
実際に 心の状態から様々な病気を発症することが多々あります。


逆に考えると、

その環境から いかに「改善」できるかを考え、
自分のココロが比較的安定する状況、
もしくは、現在抱えている問題が解決したら、症状が無くなったり、
気づけば治っていた!というような例もあるのです。


小さなストレスも、
つもり積もると 大きくなってしまい、「爆発」といった形で
発散されることも起こりかねません。

日頃のストレスや、悩みなどを「ゼロ」にすることが難しいとしても、
出来るだけ、心を「リフレッシュ」できる対象を探しておくことをオススメします。

例えば、趣味や、スポーツなどで身体を動かし気分転換(ただし無理は禁物ですが★)
また、動物や植物を育てたり、慣れ親しんだり などと、
ショッピングやカラオケなど、「楽しみ」を持つことも有効でしょう。

また、

自分の気持ちを 「伝える」ことも必要です。

伝えたいことがある場合は、相手に「自分の心や考え」を 伝えるように、

そして、

悩みなどが「心身」にマイナスを与えているかも、と
心あたりのある方は、

共に相談できる相手に、
悩みや迷いなどの「気持ち」を聞いてもらうだけでも キモチがスーッと落ち着くこともあります。

例えば、
家族や友人、もしくは親しい間柄で信頼できる存在 など。・

もし誰にもいえない場合は、「悩み相談センター」や「サポート」などを
使うことも良いかもしれません。

とにかく「溜め込まないこと」


これは、ココロにも身体にも 大切なことです。




Copyright © 空の巣症候群を知る. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。