今話題の空の巣症候群とは?予防法や対策について。

  

~空の巣症候群って一体どういう病気?~

空の巣症候群とは?

こんな人は要注意!

主な症状

このような心当たりがありませんか?

空の巣症候群を予防する方法はありますか?

(広告 ここから)





オンラインショッピングサイト「Javari」でラクラクネット通販♪
* 常に新しい商品を厳選! 商品の詳細情報が詳しく明確だから使いやすく、楽しい!

・全国翌日お届け可・すべての商品が、送料無料。
・何足でも試し履き自由! 365日間返送料・返品手数料無料
カテゴリーやカラー、サイズ、ブランドなど欲しい条件を絞り込めるから便利♪
 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もお世話になりました。
今年も色々とお世話になりました、

来年もよろしくおねがいします!!!!!


良いお年をお迎えくださいませ!!!

スポンサーサイト

サーバーの調子悪い!?
なかなか 作業が思うように捗らず。

文字入力しても、時間がいつもよりかかります、

メンテナンスかな?


また更新します。




サーバーがメンテナンス中らしい、

テストです!!

医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法
インターネット通販 amazon内(本)で55日間売上ランキング100位以内をキープ!
人気書籍

医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法
医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法医者に殺されない47の心得 医療と薬を遠ざけて、元気に、長生きする方法
(2012/12/13)
近藤 誠

商品詳細を見る


内容紹介
◎著者・近藤誠
第60回菊池寛賞受賞!

◎医療と薬を遠ざけて
元気に長生きするための47の心得

病院に行く前に、かならず読んでください

【構成】
■第1章 どんなときに病院に行くべきか
心得1「とりあえず病院へ」。あなたは医者の“おいしい"お客様
心得2「老化現象ですよ」と言う医者は信用できる
心得3 医者によく行く人ほど、早死にする
心得4「血圧130で病気」なんてありえない
心得5 血糖値は薬で下げても無意味で、副作用がひどい
心得6 世界一売れるコレステロール薬の「病気を防ぐ確率」は宝くじ以下
心得7 がんほど誤診の多い病気はない ほか

■第2章 患者よ、病気と闘うな
心得12 一度に3種類以上の薬を出す医者を信用するな
心得13 軽い風邪で抗生物質を出す医者を信用するな
心得14「抗がん剤を使えば寿命が延びる」と言う医者を信用するな
心得15 がんの9割は、治療するほど命を縮める。放置がいちばん
心得16「医者から薬をもらう」を習慣にしてはいけない ほか

■第3章 検診・治療の真っ赤なウソ
心得20 がん検診は、やればやるほど死者を増やす
心得21「乳がん検診の結果は、すべて忘れなさい」
心得22 胃を切り取る前に、知っておきたいこと
心得23 1センチ未満の動脈瘤、年間破裂率は0・05% ほか

■第4章 100歳まで元気に生きる「食」の心得
心得27 体重、コレステロールを「減らさない」健康法を選ぶ
心得28 ピンピン100歳への体づくりは「毎日タマゴと牛乳」から
心得29 ビールは1日にロング缶2本までなら「百薬の長」
心得30 ビタミン・ミネラルの摂りすぎで早死にする

■第5章 100歳まで元気に生きる「暮らし」の心得
心得34 22時から2時にどっぷり眠る。「超」早寝早起き健康法のすすめ
心得35 石けん、シャンプーを使わないほど、肌も髪も丈夫になる
心得36 大病院にとってあなたは患者ではなく被験者
心得37 「手当て」でストレスを癒す ほか

■第6章 死が恐くなくなる老い方
心得42 ポックリ逝く技術を身につける
心得43 いきなり進行がんが見つかったらどうするか
心得44 喜怒哀楽が強い人ほどボケない
心得45 100歳まで働き続ける人生設計をする ほか


著者について
■近藤誠(こんどう まこと)
1948年生まれ。73年、慶應義塾大学医学部卒業。
同年、同大学医学部放射線科入局。
79~80年、米国へ留学。83年より同大学医学部放射線科講師。

がんの放射線治療を専門とし、
乳房温存療法のパイオニアとして知られる。
患者本位の治療を実現するために、
医療の情報公開を積極的にすすめる。
著書に『患者よ、がんと闘うな』
『がん放置療法のすすめ』(ともに文藝春秋)ほか多数。

乳房温存療法のパイオニアとして、
抗がん剤の毒性、拡大手術の危険性など、
がん治療における先駆的な意見を
一般の人にもわかりやすく発表し、
啓蒙を続けてきた功績をたたえられ、
2012年、「第60回 菊池寛賞」を受賞。

うつ病は、

最愛の人をなくしたショックや 退職等、社会からの疎外感、
過労や人間関係の悩みなど、
様々なきっかけから発症しますが、


他にも、内分泌系の病気(甲状腺機能の異常など)からも、
うつの症状が出ることがあります。


もうひとつ、見落とされがちなポイントがあります。

がんなどの病気を発症した際にも
そのショックや不安等で、うつを併発することが
大変多いというのです。


★告知のショック・再発の不安

★痛みや不快感

★お金の心配


これらの要因がかさなって、
本人の自覚症状無しに うつになってしまうケースは、

病院によっては、
どうしても「患部の治療」が再優先され、
患者の心のケアまで行き届かず、見落とされることが多いのだそうです。

各専門分野であるそれぞれの医師が、
チームで連携し 患者の症状等 詳細なポイントを共有することにより、
患者の心身ともにケアし、うつ病の併発を防止します。







Copyright © 空の巣症候群を知る. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。